2006.5.21
トップページに戻る前のページに戻る「イベント報告」のページに戻る
            
                      21日 「復活節第6主日」
         今日は、ブラジルより来られた佐々木治夫神父様がミサ司式を行ないました。
   佐々木神父様は今から48年前の1958(昭和33)年2月に、日系人への宣教のためブラジルに渡りました。その後、ブラジルの貧しい人と共に生きる「フマニタス慈善協会」を設立し、理事長として活躍しています。
   ミサの説教の中で、佐々木神父は日本に出稼ぎに来ている多くのブラジルの人達についてふれ、親達は日本が貧しかった時代にブラジルに移民して来たが、今度はその子供達が豊かな日本へ出稼ぎに来ざるを得ない悲しい現実を理解して欲しい。そして、彼らにキリスト者としての愛を与えて欲しいと話されました。
           
リンク:山口明裕神父のブラジル研修報告(さいたま教区 大ちゃんネットより)
       
(写真をクリックすると大きな画像が出ます)
    
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
佐々木神父様の司式によるミサ 子供たちを祝福する佐々木神父様
     
信者と歓談する佐々木神父様
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます