2013. 6. 2
トップページに戻る前のページに戻る「イベント報告」のページに戻る
         
    6月2日(日)は「キリストの聖体の祭日」
   「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。」
                                              (ヨハネ福音書 6章51節)
                                     
   今日は、「キリストの聖体の祭日」です。この祭日の目的は、人類に対する神からの恵み、愛の結晶である
「聖体の秘跡」について公に感謝することです。
  キリストの死と復活によってもたらされた救いと恵みが、今も教会の中で生きていることを深く味わうのが
聖体の秘跡です。
  太田教会では毎年この祭日に「初聖体」が行われています。今年も日本人と多国籍の10名の子供たちが
キリストの子として初聖体を受けました。
  ミサ後、クララ館でお祝いのパーティーがあり、参加した多くの人達が子供たちとその家族を祝福しました。
  この子供たちが神様に守られて、豊かに成長しますように・・・。 
          
                 (写真をクリックすると大きな画像が出ます)
             
おめでとう! 初聖体を受けた10名の子供たち
    
クリックすると大きな写真が出ます    クリックすると大きな写真が出ます   クリックすると大きな写真が出ます   クリックすると大きな写真が出ます
     
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
子供たちが入堂 聖堂の最前列に 第一朗読・日本語    第二朗読・ベトナム語
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
金神父様の説教 子供たちによる奉納 感謝のミサ
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
「主の祈り」をする子供たち 皆で「主の祈り」を 金神父様からご聖体を
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
初聖体の子供たちの紹介 初聖体証明書をいただく おめでとう!子供たち パーティーでの食前の祈り
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
お祝いパーティー ロウソクを吹き消す お祝いのケーキ入刀
               

「初聖体」の様子(2006年 2008年 2009年  2010年 2011年  2012年