(定期的な更新以外の更新情報のご案内。項目をクリックするとその記事が見れます。)
トップページに戻る前のページに戻る
       
    2017年   
    5月30日  桐生・フランシスコの家で、4月2日帰天された故スタニー神父様の「誕生日ミサ」が行われました。 
    4月22日  太田教会で、国際ミサや英語のミサを担当されていたスタニスラウス・ウィドムスキー神父様(スタニー神父様)が 
      アメリカの修道院で現地時間4月2日早朝、89歳で帰天されました。 最後の英語ミサ(2011.4.10)の様子。 
      尚、 追悼ミサが5月13日(土)AM11:30から桐生・フランシスコの家(旧フランシスコ修道院)で行われます。
    2月12日  2月12日(日)主日のミサで、リゲンザ神父様から「バレンタインデー・プレゼント」(PDFPDF文書
    2月 2日  2016年12月末までの年表を更新(PDFPDF文書)  
    1月22日 リゲンザ神父様の「聖書勉強会」が開講します。詳細は開講のご案内(PDFPDF文書)   
  1月15日  さいたま教区第一次人事異動が発表されました。(さいたま教区HP 1月13日発表)
      4月17日付で、前太田教会担当司祭の金 大烈神父様が伊勢崎教会担当になられます。
     1月1日 教皇フランシスコの1月1日の「世界平和の日」メッセージ   日本語訳全文(Web) 日本語訳全文(PDFPDF文書) 
      リゲンザ神父様からお正月のプレゼント(宿題)をいただきました。旧約聖書に出てくる4人の女性の紹介。 
      1月1日の「お知らせ」    PDF文書(PDFPDF文書)        
       
     2016年   
   12月25日   さいたま教区・岡田武夫大司教(さいたま教区管理者)の「クリスマスと新年の挨拶」  
   12月25日 教皇フランシスコ「主の降誕 ローマと全世界に向けてのメッセージと祝福」 バチカン放送局(日本語HP) 
     12月 4日  「群馬カトリック広報」 第68号の東ブロックページに、太田教会関連の記事が掲載 
     11月 5日 第13回 さいたま教区大会が11月3日、宇都宮海星女子学院で開催されました。その様子  さいたま教区HP
     10月31日 クララ祭2016・国際交流「愛のバザー」(イベント報告) 
     8月  4日  2016年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)(PDFPDF文書)  
    7月15日  聖ヨハネ・パウロ二世と聖ファウスティナ・コヴァルスカ修道女の聖遺物 崇敬賛美式が行われる。 
    5月22日  「群馬東毛地区のキリシタン史跡」案内が発刊、頒布される。  
       4月11日 リゲンザ神父 歓迎国際ミサ ウエルカムパーティーが行われる(イベント報告) 
    4月10日  太田教会 第8代主任司祭(1996~1999年) 片岡哲夫神父様が4月6日早朝、89歳で帰天されました。  
      片岡神父様のなつかしい記念写真(1999年)     「カトリック教報(長崎大司教区発行)」の記事
    4月  7日  金神父 送別国際ミサ・感謝の会が行われる(イベント報告) 
    3月19日  東ブロック合同「十字架の道行」桐生・聖フランシスコ修道院で行われる(イベント報告) 
    2月27日  さいたま教区人事異動(3月28日付)で金 大烈神父様が異動。リゲンザ・スタニスラフ神父様が着任予定。 
    2月10日  2015年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)(PDFPDF文書)  
      1月3日  1月3日・主日の国際ミサ「主の公現」の金神父様の説教の中で上映された 「東方の四博士」 のお話し
     1月1日 教皇フランシスコの1月1日の「世界平和の日」メッセージ     日本語訳全文(Web) 日本語訳全文(PDFPDF文書
       
      2015年  
    12月22日  さいたま教区・岡田武夫大司教(さいたま教区管理者)の「クリスマスと新年の挨拶」  
    12月13日  教皇フランシスコ「いつくしみの特別聖年」 以下の小冊子が配られました。 
       ・「いつくしみの特別聖年のための祈り」 
        ・「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔~いつくしみの特別聖年公布の大勅書~」
     8月  3日  2015年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)(PDFPDF文書) 
     5月  2日  今年4月に韓国で本を出版された金 大烈神父様が韓国カトリック新聞で紹介されました。 
     4月 14日  オリーブの会・春の日帰り旅行 「わたらせ渓谷お花見の旅」(イベント報告) 
      4月  6日  「復活の主日」国際ミサの中で、9名の洗礼式と2名の初聖体式が行われる。 
      2月 20日 大泉町を舞台に日本とブラジルの共生を描いた、まち映画 「サンゴーヨン★サッカー」 が完成・公開 
      2月 11日  2014年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)(PDFPDF文書) 
     1月 31日 2014年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)(PDFPDF文書) 
      「国際交流コンサート2014」 のページを追加   コンサートのスライドショー(YouTube 限定公開)
       1月 19日 さいたま教区創設 75周年記念誌 「航跡 1989-2013」 が刊行・配布されました。 
      その中の 群馬東ブロックと太田教会の紹介を掲載します(PDF PDF文書) 
       
     2014年  
    12月25日  さいたま教区・岡田武夫大司教(さいたま教区管理者)の「クリスマスと新年の挨拶」 
     8月  5日  司牧訪問・国際ミサ。岡田大司教様による堅信式が行われ、40名の方が受堅(イベント報告) 
      その様子は、さいたま教区HPにも記載されています。 
    6月  1日  国際交流コンサート2014 「小さな演奏会 Vol.3」が太田市学習文化センターで開催 
     5月 27日 5月25日に行われたフィリピン共同体の聖母祭「フローレス・デ・マヨ」の様子が東京新聞 Webページに掲載  
     4月 26日 太田教会 第3代主任司祭 アンブローズ・ダナヒュー神父様が4月20日に、90歳で帰天されました。 
      アンブローズ神父様のなつかしい記念写真  英文の訃報記事 
      4月 22日  復活の主日に撮影した全員の記念写真 「金神父様と私たち・兄弟姉妹の写真」 を トップページに掲載 
     4月 20日 聖週間・復活祭の典礼(イベント報告) 
      4月 16日  聖香油ミサ・前橋教会(さいたま教区HP) 
      2月 15日  降雪のため、2月16日(日) 「日本語主日ミサ」は、15:00 に変更 
      岡田大司教司牧訪問・堅信式(国際ミサ) 延期、日程未定。 
      2月  8日  降雪のため、2月9日(日) 「日本語主日ミサ」は中止 
     2月  5日 2013年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます) 
       
     2013年  
    12月25日  さいたま教区・岡田武夫大司教(さいたま教区管理者)の「クリスマスと新年の挨拶」 
    12月18日  読売新聞のWebページ「YOMIURI ONLINE」に、太田教会が 祈りが生む多国籍の「和」 として掲載。 
     8月 14日  2013年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)  
    7月 28日  さいたま教区の谷大二司教様が退任。   カトリック東京大司教区のお知らせ  カトリック新聞   さいたま教区HP
     7月  1日  さいたま教区の「第一回 国際フェスタ」が茨城県・友部教会で開催され、太田教会からバス6台(314名)で参加。 
       その様子は、さいたま教区HPに記載されています。 
      6月 20日  初聖体(イベント報告) 
     4月 28日 司教訪問・国際ミサ。谷司教様による堅信式が行われ、33名の方が受堅
      その様子  さいたま教区HP  太田教会公式HP 
    4月  5日 カトリック新聞・オンラインに「毎週8カ国語で「お知らせ」作成」の記事が掲載 
     3月 14日  新教皇フランシスコ選出(速報)   教皇フランシスコについて   ベネディクト十六世関連
    3月  6日 カトリック新聞・「1人1人の召命物語・みんなの燦燦」に金大烈神父様の記事が掲載
    2月 17日 ミサ後「カトリック太田教会総会」が聖堂で開催されました。その様子(公式HPより) 
      2月  3日   2012年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)  
    1月  1日 さいたま教区・谷 大二司教の「2013年新年の司教メッセージ」(PDF PDF文書) 多国籍語
      神の母聖マリア 祭日ミサ その様子(公式HPより) 
       
2012年
                      11月 1日  公式新ホームページを Facebook に開設・公開しました。 http://www.facebook.com/otacatholic
     10月29日 クララ祭2012・国際交流バザー(イベント報告)
    10月13日  「信仰年」が2012.10.11から始まりました(2013.11.24まで)。詳細はカトリック中央協議会HPへ。 ポスター 
     9月 16日  群馬東ブロック司教訪問が太田教会で行われました。その様子は、さいたま教区HPに記載されています。 
     8月 15日  聖母の被昇天・国際ミサ 
     8月  7日  年表の「オリーブ旅行同好会主催:日帰り旅行(水戸方面)」にリンク写真を追加(提供:オリーブの会) 
     8月  1日  2012年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます) 
            7月 18日  金 大烈神父様 「叙階記念日」(イベント報告)  
   7月 10日 市民講座「生と死のフォーラム」で講演された金神父様の「善く生きて良く死ぬ」を記載
          7月   9日 第13回 神学教室資料「ヨハネによる福音書」を追加 
     6月 18日  第20回フェスタ・ジュニーナ(イベント報告) 
    6月 11日  初聖体(イベント報告) 
                     6月   2日  さいたま教区のホームページがリニューアルしました。新しいホームページ 
5月 29日 金山の森・野外(国際)ミサ(イベント報告)
     5月 27日  第4回マリア祭(イベント報告) 
    5月 17日 太田教会 「献堂二十五周年記念のカード」 が古書から見つかりました。ある信徒さんのメールより・・・ 
      5月 16日  第12回 神学教室資料「四福音書の簡単な紹介」を追加 
4月 22日 「第二バチカン公会議開催50周年を迎えて」 谷 大二 司教 埼玉教区報より (PDF PDF文書
4月 16日 聖週間・復活祭の典礼(イベント報告)
3月 22日 4名の司祭叙階式が大宮教会で行われました。さいたま教区HP
2月 17日 伊勢崎教会のシャールアンドレ・フロアラック神父様が帰天されました。
2月  2日 2011年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)
 1月  1日 さいたま教区・谷 大二司教の「2012年新年の司教メッセージ」(PDF PDF文書
              
2011年
12月 5日 南雲正晴神父様による待降節黙想会
12月 5日 ザベリオ・金神父様の霊名のお祝い
11月25日 第11回 さいたま教区大会が11月23日、日立市の茨城キリスト教学園の講堂で開催されました。
その様子 さいたま教区HP PDF PDF文書  みちあき神父のふぉと日記
11月18日 第11回 神学教室資料「創造説話に対する理解-2」を追加
11月15日 小さな演奏会・ジョイントコンサート(イベント報告)
11月15日 七五三の祝福
11月 5日 墓地の除草作業と墓地ミサ
11月 4日 北関東キリシタン殉教者顕彰祭の活動報告「邑楽町の隠れのキリシタンについて」を追加 (PDFPDF文書
10月31日 支援バザーと国際ミサ(イベント報告)
10月30日 毎週日曜日発行の「お知らせ(日本語・英語)」を今後掲載します(Facebook投稿者提供)
10月25日 第10回 神学教室資料「創造説話に対する理解」を追加
10月12日 北関東キリシタン殉教者顕彰祭の活動報告「館林・邑楽地区のキリシタン遺跡」を追加 (PDFPDF文書
10月 1日 10月2日より、ミサ時間は通常の時間に戻ります。
9月 24日 第24回 北関東キリシタン殉教者顕彰祭(イベント報告)
8月 29日 広報誌「Agnus(アニュス)」 第3号を追加  (PDFPDF文書
 8月  1日 2011年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)
6月 27日 初聖体(イベント報告)
6月 26日 「アヴェ・マリアの祈り」が定例司教総会にて承認され、確定しました。太田教会でも今後、使用します。
試用版と内容が少し異なるので、ご注意ください。 確定した「アヴェ・マリアの祈り」と解説(4ページ)(PDFPDF文書) 
6月 19日 7月~9月(3ヶ月間)のミサ時間の変更
6月 15日 第9回 神学教室資料「正しい聖書の理解」を追加
5月 29日 第3回マリア祭(イベント報告)
5月 24日 第8回 神学教室資料「聖書が言おうとすること」を追加
5月 22日 エドウィン神父様と行く聖地イスラエル巡礼(イベント報告)
4月 10日 スタニー神父様に感謝!(イベント報告)
3月 31日 第3回 「サベリオ会祈りの集い」、東北地方の方々のために捧げる「祈りの集い」
3月 30日 「サベリオ会」のページ「イエズス会の英神父様からのメッセージ(大震災による霊的アドバイス)」を掲載
3月 23日 助祭叙階式、祭壇奉仕者・朗読奉仕者選任式
3月 20日 東日本大震災に関する情報
カトリック新聞号外(2011.3.17 PDF PDF文書) カトリック中央協議会のサイト  さいたま教区震災関連情報(PDFPDF文書
3月 15日 金神父様が今話題のfacebook(世界最大のSNS)に 「カトリック太田教会グループ」を作成され、
有効に運用されています。ログインするには各種の登録が必要です。
2月 20日 太田教会総会
 2月  7日 第1回 「サベリオ会祈りの集い」
1月 31日 2010年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)
1月 14日 キリシタン足跡探しの会、高木先生来訪
1月 11日 イタリア・メジュゴリエ巡礼(イベント報告)
   1月  7日 広報誌「Agnus(アニュス)」 第2号を追加   PDFPDF文書(オールカラー版)
   1月  1日 1月1日(土)新年のミサ(神の母聖マリア)
      
2010年  
 12月 26日 土曜学校の聖劇(主の降誕)イベント報告
 12月 25日 主の降誕(夜半)・国際ミサ(イベント報告)
 12月 24日 第7回 神学教室資料「終末に対する信仰者の望ましい視覚」を追加
 12月 21日 聖体顕示と許しの秘跡、イルミネーション
 12月 19日 女子パウロ会の書籍販売と婦人服のチャリティーバザー
 12月  8日 現在使われている「聖母マリアへの祈り」の改定案として、「アヴェ・マリアの祈り」の試用版が、
日本カトリック司教協議会から発表され、12月8日から試用することになりました。
新しい「アヴェ・アリアの祈り」解説(PDF文書:192KB)
 12月  5日 待降節黙想会。 トップページをクリスマスバージョンに変更
 11月 17日 第6回 神学教室資料「日韓司教交流会の資料(自殺の現状と我らが果たすべき事)」(PDF文書:3.83MB)を追加
 11月  7日 土曜学校によるミニ・バザー開催
 10月 31日 司祭像を死者の祭壇に正式に設置
 10月 18日 太田教会第4代主任司祭 ダナン神父様 主日のミサ司式
9月 24日 第5回 神学教室資料「苦痛の意味」を追加
9月 20日 さいたま教区HP「みことばと私」に、広報誌・アニュス「信仰体験 恵みのできごと」の記事が掲載されました。
「神様との出会い」山崎ツル子さん
9月 13日 サベリオ会 金神父様のお話を追加(第3回 分かち合い)
9月  7日 サベリオ会 第4回 の様子を追加
9月  1日 サベリオ会 第4回 分かち合いのお知らせ
8月 29日 今日から子供たちが最前列でミサにあずかる。
8月 15日 聖母の被昇天・国際ミサ(イベント報告)
8月 11日 「サベリオ会(自称若手信徒の会)のページを新設。トップページのメニューに追加
8月  4日 太田教会の広報誌「Agnus(アニュス)」のページを新設。トップページのメニューに追加
7月 28日 第4回 神学教室資料「信仰相談であった二つの質問に対しての個人的な意見」を追加
7月 27日 2010年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)
7月 25日 外国人のための医療相談会(太田市公民館 東別館)
7月 25日 太田教会広報誌・アニュス 創刊号発刊
7月 24日 桐生 聖クララ会修道院 草取り奉仕
7月 14日 金 大烈・ザベリオ神父様 叙階記念日のパーティー
7月  6日 第3回 神学教室資料「婚姻障碍と婚姻無効化」を追加
6月 20日 フェスタ・ジュニーナ(ブラジルの6月祭)    7月4日  使用写真を変更・追加 
6月 12日 第2回 神学教室資料「創世記説話と形成の過程」を追加
6月  7日 初聖体(イベント報告)
5月 30日 第2回 マリア祭(イベント報告)
5月 23日 国際ミサ(イベント報告)
5月 19日 金神父様による神学教室(5月度)
5月 10日 群馬東ブロック「堅信式」(イベント報告)
4月 28日 聖体顕示と聖母 家庭巡回式(4月)
4月 27日 バテレン大日如来像を太田教会へ移設(イベント報告)
4月 25日 金山の森・野外(国際)ミサ(イベント報告)
4月  4日 聖週間・復活祭の典礼(イベント報告)  
4月  2日 神学教室資料「主の祈りに関する理解」を追加
3月 24日 金神父様による「神学教室」が始まる。
3月 21日 金神父様・ホセ神父様共同司式ミサ、パーティー
3月 17日 聖体顕示と聖母 家庭巡回式(イベント報告)
3月 14日 韓長愚神父様によるミサ司式と四旬節の黙想会
3月  6日 エドウィン神父様と行くベトナム巡礼(イベント報告)
 2月 21日 教会総会
 2月 14日 30代~40代の集まり
 2月 10日 2009年12月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真・ページが表示されます)
 1月 27日 トマス・アクィナス神父様(金 大烈神父様のお兄様)が来日。週日のミサの様子
 1月  6日 12月30日に帰天されたペトロ白柳誠一枢機卿の記事が産経新聞に掲載
 1月  2日 1月1日 神の母聖マリアの祭日ミサ
さいたま教区・谷 大二司教の「2010年新年の司教メッセージ」(PDF PDF文書
         
         2009年
 12月 25日 主の降誕前夜祭・国際ミサ(イベント報告)
 12月 15日 「待降節の起源と4本のロウソクの色の意味」を追加
 12月 14日 待降節黙想会「分かち合い結果」のまとめを追加
 12月  6日 待降節黙想会
 12月  1日 11月29日(日)から待降節が始まりました。太田教会もクリスマスのイルミネーション(LEDライト)が灯りました。
トップページもクリスマスバージョンに変更しました。
 11月 29日 「2009 さいたま教区大会」が11月23日、深谷市民文化会館で開催されました。さいたま教区HP
 11月 15日 七五三の子どもの祝福
 11月 13日 隠れキリシタン遺跡調査2(イベント報告)
 11月  3日 墓地の草取りと墓地ミサ(イベント報告)
 11月  3日 さいたま教区HP「みことばと私」 に、レジオ会員が投稿した「みことばと私」が掲載されました。
大谷隆子さん 鈴木幸子(大泉)さん  山田せい子さん
 11月  1日 金神父様の「ご飯に声をかける実験」 結果。 「ありがとう!」と「ばか!」の差。
 10月 26日 国際ミサと福祉バザー(イベント報告)
9月 30日 さいたま教区主催の「養成講座」
9月 25日 隠れキリシタン遺跡調査1(イベント報告)
9月 20日 敬老の祝福
9月 18日 さいたま教区より「新型インフルエンザへの対応について」のQ&Aが配布されました。 さいたま教区HP(PDF PDF文書
9月  9日 土曜学校夏合宿in軽井沢(イベント報告)
9月  7日 9月7日 朝のNHK総合テレビ・ニュースで、在日ブラジル人を支援している太田教会の様子を放映
9月  1日 「一粒の麦」の感謝のミサ(高崎教会)
8月 18日 聖母の被昇天・国際ミサ(イベント報告)
8月 16日 2009年6月末までの年表を更新
 7月 26日 太田教会では今日からミサの中で、「司祭のための祈り」 をします。
これは教皇ベネディクト十六世が今年を 「司祭年」(2009.6.19~2010.6.19) にしたことによるものです。
 7月 26日 失業者支援のためのコーヒーショップ
7月  4日 「司祭の説教(神の種)」の印刷用ページを追加
6月27日 オリーブの会例会(イベント報告)
6月18日 「裁判員制度」について、6月17日に日本カトリック司教協議会から公式見解が発表されました。中央協議会HP
6月15日 初聖体とフェスタ・ジュニーナ(イベント報告)
6月  3日 第1回 マリア祭(イベント報告)
6月  1日 新たにドメインを取得し、新しいURLに変更。新URL: http://catholic-ota.net/
6月  1日 国際ミサ(イベント報告)
5月18日 第52回 アチェス(イベント報告)
5月17日 土曜学校が開校、子供のミサが始まる
5月17日 母の日の祝福
5月17日 「教会の風景」を更新(写真を最新版に入替え)、トップページの写真を変更
5月13日 「トピックス」を「イベント報告」に変更
5月10日 5月4日の「さいたま教区70周年記念フットサル大会」で、東ブロック(多国籍混成チーム)が3位に入賞
4月27日 隠れキリシタンの遺跡探訪(トピックス)
4月27日 2008年12月末までの年表を更新
3月  1日 ホームページについてのお知らせ
    
2008年
  9月14日 敬老のお祝い
  8月19日 土曜学校夏合宿(トピックス)
  8月16日 聖母の被昇天祭(トピックス)
  8月16日 多国籍の方々がリレー書写した「聖書書写」が完成し、奉献される
 8月  2日 2008年6月末までの年表を更新(青字項目をクリックすると関連する写真が表示されます)
 7月27日 ディン神父・初ミサ(トピックス)
 7月22日 「主日の説教」と「週日の説教」のページを「司祭の説教」に統合
 7月13日 シスター吉田を囲み、インドのお話を聴く会
  7月  9日 「掲示板」のページを追加
  6月26日 アフリカでエイズ患者の世話をされた故根本昭雄神父様の記事が産経新聞に掲載
  6月26日 ベダ神父様(太田教会第7代主任司祭)のお別れミサ
  6月22日 御聖体の宣教クララ修道会の創立者マリア・イネスの紹介
  6月19日 「週日の説教」のページを追加
  6月15日 父の日とフェスタ・ジュニーナー
  5月27日 自動翻訳を削除(テスト運用終了)
  5月25日 初聖体(トピックス)
  5月21日 トップページに英語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語の自動翻訳を追加(テスト運用)
 5月18日 金神父様のお母様とそのお友達が来日
 5月11日 国際ミサ・母の日(トピックス)
  5月11日 韓国巡礼旅行(トピックス)
  4月29日 ディン、吉川両助祭の司祭叙階式(大宮教会・さいたま教区HP)
  4月29日 故カンピオン・ラリー、故根本昭雄両神父様の追悼ミサ
  4月27日 ブラジル移民100年祭(神戸・さいたま教区HP)
  4月22日 主日の説教(神の種)に印刷用のページを追加
  4月20日 韓国巡礼旅行中の金神父様からのメッセージ
  4月  4日 カトリック新聞・声欄の投稿
  3月30日 洗礼式
  3月30日 愛児園・最後の卒園式と閉園について
  3月15日 群馬県東ブロック 「堅信式」(トピックス)
  3月  9日 「初めて教会に来られる方へ」のページを追加
  3月  7日 「教会学校」のページを追加
  2月15日~ 四旬節から復活の喜びへ(トピックス)
     

このページの先頭へ 
   2017.5.30(火)11:00より桐生・フランシスコの家(旧聖フランシスコ修道院)で、4月2日にアメリカで帰天された
故スタニー神父様の「誕生日記念ミサ」が行われました。
   ミサは桐生教会の土屋和彦神父様の司式で、説教の中で土屋神父様からスタニー神父様のなつかしい思い出が
語られ、ミサ後にスタニー神父様を偲んで、食堂で小パーティーがありました。
  スタニー神父様の好物だったビール(今日はノンアルコール)、カレーライス、ミスタードーナツなどが並べられ、
桐生教会を中心とした皆さんで、楽しかったスタニー神父様の思い出を語り合いました。
  
 アメリカのフランシスコ修道会HPの訃報記事  Facebookの投稿記事  Facebookの画像
 太田教会での最後の英語のミサ(2011.4.10)  太田教会での国際ミサ(2007.5.27)
                                                                

このページの先頭へ 
   2015.7.14(木)15:00より太田教会で、聖ヨハネ・パウロ二世と聖ファウスティナ・コヴァルスカ修道女の
聖遺物 崇敬賛美式が行われました。
   これらの聖遺物は、聖ヨハネ・パウロ2世教皇の血(を含んだ布の小片)と聖ファウスティナの遺骨の一部で、
ポーランドのクラクフ教区の枢機卿や巡礼地から日本に贈られ、「いつくしみの特別聖年」の間、各教区を巡回し、
7月14日に太田小教区で顕示されたものです。 聖遺物の巡回についての「カトリック新聞・オンラインの記事」
  また、7月13日(水)には、教皇ヨハネ・パウロ二世の誕生までの半世紀を描いた感動の歴史ドラマ
映画「KAROL カロル―教皇になった男」がクララ館で上映されました。
  皆さまも機会があれば是非ご覧ください。  映画(カロル KAROL)の紹介 予告編
                                                                

このページの先頭へ 
   
  「キリシタン足跡探しの会」が調査してきた東毛地区のキリシタンの史跡結果をまとめた
  「群馬県東毛地区のキリシタン史跡案内」が小冊子として発刊され、頒布されました。
 著者は十数年間、この地区を調査・研究してきた前橋教会の半澤 保さんと桐生教会の
力石泰子さんです。
 東毛地区に多くの殉教者がいたことを示す貴重な資料になることでしょう。
 このホームページに記載されたキリシタンの史跡関連の記事
   「キリシタンの遺跡探訪」 「キリシタン遺跡調査(1)」 「キリシタン遺跡調査(2)」 
   「バテレン司祭像を移設」 「司祭像を正式に設置」 「キリシタン史跡探しの会(高木一雄氏)」
   「第24回 北関東キリシタン殉教者顕彰祭」   

このページの先頭へ 
    2月21日(日)主日のミサの説教の中で、金大烈神父様がさいたま教区の人事異動で太田教会から異動に
なることを発表されました。2007年4月に着任されてから9年間、主任司祭を担当されたことになります。
 掲示板に公示された「さいたま教区人事異動(2016年3月28日付)」によると後任司祭は以下の通りです。
  ・太田教会担当(主任):リゲンザ・スタニスラフ師
 
 尚、リゲンザ・スタニスラフ神父様のホームページ 司祭紹介のページで、経歴等をご覧になれます。
  さいたま教区のホームページ(さいたま西ブロックニュース) ブロック・・・リゲンザ神父様ご紹介 

 
このページの先頭へ 
   ・ 「いつくしみの特別聖年」について 
 ・ 「いつくしみの特別聖年のロゴについて」 
 ・ 「いつくしみの特別聖年のための祈り」(PDF PDF文書
 ・ 「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔~いつくしみの特別聖年公布の大勅書~」(PDF PDF文書

このページの先頭へ      
    ✝韓国カトリック新聞  2015年5月3日 第2942号 (14面)より
“弱さを認めるとき、真の希望の道が開かれます”
「あなたが幸せになってほしいです」を出版した金大烈 神父
384頁14000ウォン/青春文庫
   「韓国カトリック新聞 5月3日の記事」へ
   "認めることができるとき、私たちの弱さは恵みです”
   日本で30~40余ヶ国を越える多様な国籍の信者と共に司牧中である金大烈神父
    (さいたま教区太田教会主任司祭)。
   クラレット修道会所属司祭であった金神父は日本の谷大二司教(前さいたま教区司教)の提案により、
さいたま教区で13年間司牧活動を続けている。 彼が「あなたが幸せになってほしいです」を出版した。
   この本を通じて、混乱するこの時代で真に幸せになるための美しい価値を率直に伝える。
   同時に幾多の傷の中で生きている現代人を暖かく抱く。
“私たちは誰でも認めるしかない自らの弱さで苦しむが、そんな自分を認めて率直に眺める時、
真の希望の道が開かれます。
   誰かを憎む心は結局自分自身を傷つけることで、誰かを許すことができない心もまた、自分の傷を
許すことができない心で始まります。
   ”本は▲序文 ▲1部:私たちの弱さが希望です ▲2部 あなたが選択しようとするものは何ですか
 ▲3部ただ愛を花咲かせてください ▲4部 心は治めるものではなく育てるものです
 ▲5部 比喩の生でなければなりません ▲推薦のことば順で構成されている。
   彼が伝える話は混乱する時代で生きていく現代人に内面を振り返るように導く。
   金神父はこの本を通じて変わらない価値を探して生きなければならないという点を強調した。
   “何より私たちは私たちの弱さや欲望などの限界を認めなければなりません。
その次に私たちが選択しなければならない最善の道は何かを知らなければなりません。
その最善の道とはイエス キリストの生と死を通じて示された福音です。”
   文章一つ一つが美しく、詰まることがない。神学生時期から文を書くのが好きで詩を楽しんだ金神父は
2000年から福音黙想文をインターネット上に掲載し始めた。国内信者の熱い呼応を受けたこの黙想文は
Maria sarang net,Good News,Pauline Contents 等で、瞬く間に広まった。
   「あなたが幸せになってほしいです」は、このように集めた文の中からいくつかを選んで
一冊にまとめた結果である。
   「故国の信者のために何かするべきだという思いでこの本を出しました。
私の黙想文をコツコツと読んでいた信徒の方たちの勧めもありました」
   金神父はカトリック信者らだけでなくキリスト教に関心があるすべての人々を対象に文を書いた。
   共感が広がり未信者も簡単に接することができて、プロテスタント信者の間でもすでにこの本を読み
好評し始めた。
   彼は今後もコツコツと文を書いて韓国信者との疎通を継続する予定だ。
フェイスブック「ソナム神父と共にする心の散歩」には今でも福音黙想文が掲載され続けている。
   金神父はすでに去る5月2日清州教区ベティ聖地(担任キム・ウンニョル神父)で読者たちと会った。
   来る5月6日午後7時30分ソウル弘済洞聖堂でも読者たちと会う。
  (カトリック太田教会Facebook から引用)
                                                                

このページの先頭へ      
   2015.4.6(日)10:00より、「復活の主日・国際ミサ」が行われました。
   ミサの中で9名の方の洗礼式と2名の方の初聖体がありました。
 一年の典礼のうち、最も盛大で感動的な復活祭で受洗され、初聖体を受けられた11名の方々に、
神様のお恵みが豊かにありますように・・・。
                                                                
 
 
このページの先頭へ
   太田教会は多国籍の信徒が集う「多文化共生」の教会ですが、最も多い国籍はブラジルです。
   ブラジル人が町民の1割を占める大泉町を舞台に日本とブラジルの共生を描いた、「サンゴーヨン★サッカー」が
完成し、2015年2月21日からイオンシネマ太田、高崎で公開されます。 映画の予告編 90秒(YouTub)
   この映画には太田教会土曜学校の小学2年生も出演しています。 (クリックすると大きな画像が出ます) 
                                                                          

このページの先頭へ
2013年2月24日のカトリック新聞一面の「1人1人の召命物語・みんなの燦燦(さんさん)」に、太田教会の
金大烈神父様の記事が掲載されました。(クリックすると大きな画像が出ます) 
                                                                    
 
クリックすると大きな画像が出ます

このページの先頭へ      
   2012. 8.15(水)10:30より、「聖母の被昇天・国際ミサ」が行われました。
  この日は、日本で祖先の霊を祀る行事である「お盆」でもあり、今年のミサは亡くなられた方、特に家族や先祖
のために捧げられました。プロジェクターで流れる689名の亡くなられた家族を偲びながら、多くの多国籍の方々
によりお焼香が行われました。
  ミサ後、信者館の前で軽食パーティーが行われ、スイカやかき氷をいただきながら、多国籍の方々との交流を
深めました。                                        
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2012.7.5(木)に前橋市の群馬ロイヤルホテルで開催された市民講座・第131回「生と死のフォーラム」で
金 大烈神父様が「善く生きて良く死ぬ」の演題で講演されました。
 このフォーラムは、毎月開催されている人気フォーラムで、金神父様は「生と死をどう理解するか。それに対する
私たちの態度について考えてみましょう」をテーマに語られました。
        
                            金神父様の講演内容「善く生きて良く死ぬ」を見る  印刷用ページへ(PDFPDF文書
                                                   
クリックすると大きな画像が出ます
クリックすると大きな写真が出ます
このフォーラムの内容 ホテルの講演会場は満員

このページの先頭へ      
    2012.5.17(水) ホームページ宛に聖公会の信徒・Mさまよりメールが届きました。
  その方がある古書店から購入された本に一枚のカードがはさんであったのです。添付されていた写真を
見ると正に、昭和54(1979)年9月9日の「太田教会設立25周年記念」に発行された聖女クララの祝福カード
です。33年前のご絵がこのような形で見つかり、それを手にされた信者さんがわざわざご連絡してくださったこと
に私たちは大きな神さまの愛を感じます。
  Mさまもメールで次のようにおっしゃっておられます。
  「皆様の教会の恐らく記念に配られたであろう、小さなカードがハラリと落ちて来ました。とても美しいカードで
み言葉も神様が私さえも見守ってくださっているようなメッセージに思えてとても嬉しかったので、思わずメール
させていただきました。これも何かのご縁かもしれませんので、いつか皆様の教会にお伺いさせていただき、
祝福に預かれれば、幸いです。皆様の平安を心より祈っております」
  Mさまのお心遣いに感謝、感謝です!

                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   伊勢崎教会の担当司祭であるシャール・アンドレ・フロアラック神父様が2012.2.16(木)午後5時53分、 
急に肺血栓塞栓症のため、伊勢崎市民病院で帰天されました。享年86でした。
  シャール神父様は、太田教会・愛児園の最後の園長も務められ、2月16日にも聖クララ幼稚園で行われる
感謝のミサの司式もされる予定でした。神父様のご冥福をお祈りいたします。

 愛児園・卒園式の様子   通夜(さいたま教区HP) 葬儀ミサ(さいたま教区HP)

                                                                      
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
    2011.12.4(日) 待降節第2主日のミサ後、待降節の黙想会が聖堂で行われました。
  指導司祭はフランシスコ会の南雲正晴神父様。神父様は、1975年から太田教会の助任司祭を担当され、
その後も黙想会などで当教会を何度か訪れておられます。
  南雲神父様は現在、東京六本木の聖ヨゼフ修道院で神学関係の専門的お仕事を担当され、今日の黙想会も
待降節の神学的な意味をユーモアを交えて話され、参加した信者さんもクリスマスについての意味をしっかりと
学ぶことができました。黙想会後、クララ館で軽食パーティーがありました。

                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2011.12.3(土) 今日はザベリオ・金 神父様の霊名のお祝い日です。(聖フランシスコ・ザビエル祝日)
  10時30分から週日のミサの中で、参加した多くの信者さんが金神父さまのためにお祈りをし、霊的花束を
捧げました。ミサ後、クララ館でお茶会があり、金神父様と一緒に記念撮影などをして、大いに盛り上がりました。
  お捧げした「霊的花束」は非常に大きな花束になりました。
 ミサ 447回、聖体訪問 229回、善行 193回、主の祈り 495回、アヴェマリアの祈り 655回、ロザリオの祈り 992環
 約束された皆様の祈りが神父様の支えになります様、成し遂げましょう。
      
                                         (写真提供:広報誌・アニュス編集部ほか)
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
    2011.11.13(日) ミサの中で、七五三の祝福が行われました。
  太田教会の近くにある大光院(子育て呑龍様)では、七五三の参拝で賑わっていますが、カトリック教会でも
日本文化はしっかりと守られています。
  多国籍の子供たちが神父様に祝福されるのは、とてもほほえましい光景です。
   
                                         (写真提供:広報誌・アニュス編集部ほか)
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   太田教会では、毎年11月3日に教会墓地で墓地ミサを行っています。
  今年(2011.11.3)も8時から多くの方が参加して除草作業が行われ、9時30分から慰霊ミサが行われました。
  金神父様が黙想会のため、お留守なので、伊勢崎教会のシャールアンドレ・フロアラック神父様がミサの司式を
されました。
                                         (写真提供:広報誌・アニュス編集部)
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2011.3.21(月・春分の日) カトリック太田教会で4人の助祭叙階式が行われました。
  太田教会にとって大きな行事であり、そのための準備が進められてきましたが、3月11日に発生した未曽有の
東日本大震災のため、叙階式は大幅に縮小し、祝賀会も中止して行われました。
  さいたま教区の谷司教様は、4人の新助祭と神学生に対し、この大震災のためにボランティアに行ってもらう
ことを指示されました。
  この助祭叙階式の様子は、「さいたま教区ホームページ」に詳しく掲載されています。
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2011.2.20(日) ミサ後、「カトリック太田教会 総会」が聖堂で開催されました。金 大烈神父様から
「2011年司牧方針」祈る共同体・分かち合う共同体・述べ伝える共同体の説明があり、その後、決算報告、
各部会の活動実績と今年度の活動計画などが報告されました。
  尚、今年度は評議員メンバーの任期を一年延ばすことにより、太田教会共同体の神父様の司牧方針充実
に協力することになりました。司牧方針の詳細は、広報誌・アニュス第2号の1ページに記載されています。
 
                                      (アニュス記載の司牧方針を見る PDFPDF文書
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2011.1.13(木) 高木一雄先生をお迎えして「キリシタン足跡探しの会」が開かれました。
  高木一雄先生は、カトリック藤沢教会に所属され、著名なキリスト教史研究家で、カトリックに関する
貴重な研究本を沢山出版されておられます。 amazonで販売している高木先生の著作本
  今回は、私達が今まで進めてきた「キリシタン足跡探し」について、率直なご意見をお伺いし、今後、
どのように進めるか方向付けを行う目的です。
  結論的には非常に厳しいご指摘があり、キリシタンについての発表や資料・本などにはいい加減なものも
多く、古文書に基づいて研究しないと真実は分からないと言うご意見でした。特にカトリック信者でない人の
研究本は信用できないので、太田教会は正しいこと、本物を書いて発表していただきたいと言われました。
  金神父様も高木先生のご指摘に同感され、今後、谷司教様のご意向に従い、正しい方向で進めたいとの
お考えを示されました。
  午後は、高木先生もご一緒に邑楽町教育委員会へ行き、「バテレン遺跡出土品(町指定重要文化財)」を
特別に見せていただきました。
                                 (下の写真の他にも合計9枚の写真があります)
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
クララ館での打ち合わせ 邑楽町教育委員会にて 町重要指定文化財に 出土品・古伊万里の角皿

このページの先頭へ      
   2011.1.1(土) 新しい年を迎えた今日、太田教会では「神の母聖マリア」の祭日を祝いました。
  ミサには、太田教会出身の松本 巌神父様が久しぶりで来られ、金神父様と共同司式ミサが
行われました。松本神父様は現在、六本木のフランシスコ会日本管区・本部修道院に所属しておられます。
  また今日の新年ミサには、別の地で暮らしている子供たちと一緒に与った家族も多く、金神父様から
祝福をいただきました。
  さいたま教区・谷 大二司教の「2011年新年の司教メッセージ」が配られ、金神父様からその趣旨が
説明されました。ミサ後、信者館前で新年を祝うお茶飲み会が開かれました。
 
 司教メッセージ(さいたま教区HP) 司教メッセージ(PDF版 PDF文書) 松本 巌神父の初ミサ(1996.3.10)
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2010.12.21(火) 週日のミサ(午後6:30~)終了後、「ご聖体の顕示」に並行して、「許しの秘跡」
が行われ、多くの信者さんが与り、心の癒しをいただきました。
  待降節第一主日から「聖母の園」とクララ館に、イルミネーション(LEDライト)が灯っていますが、
今日の雨の中での美しさも格別です。
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
ご聖体顕示 聖堂の照明を暗くした祭壇 雨の中でのクリスマス・イルミネーション

このページの先頭へ      
   2010.12.19(日) 待降節第4主日のミサ後、以下の販売が行われました。
   1.女子パウロ会の書籍とクリスマス用品・聖品の販売(信者館前)
   2.婦人服のチャリティーバザー(ホール)
      この度、韓国の方から約700着の高級婦人服の寄付があり、これを格安で販売し、売上金は
     「一粒の麦の会」に寄付されます。
     販売は12月12日(日)からホール(2階)で始まっています。皆様のご協力をお願いします。
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
信者館前で行われた女子パウロ会の書籍販売 ホールで行われているチャリティーバザー

このページの先頭へ      
   2010.12.5(日) 待降節第2主日のミサ後、待降節黙想会が開かれました。
  テーマは「教会の将来と宣教」。太田教会7地区が14グループに別れ、聖堂、信者館、クララ館で
宣教についての話し合いが行われました。多国籍の方々も参加し、参加者は110名を越えました。
  最後に聖堂で各グループ別に発表を行い、分かち合いをしました。黙想会後、マリア会の方々による
昼食・うどんのサービスがありました。
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
14グループが話し合いの結果を発表 金神父様の総括 マリア会によるうどん・・・

このページの先頭へ      
   2010.11.7(日) ミサ後、クララ館で土曜学校による「ミニ・バザー」が開かれました。
  太田教会恒例のバザーは、1966(昭和41)年以来、名物行事として教会内外に親しまれて来ましたが
社会環境の変化に合わせて見直しを行い、今年は土曜学校の子供たち・先生・スタッフが中心となって、
ミニ・バザーとして開催することになりました。
  ミサ後、クララ館には多くの信者さんが集まり、おでんやサンドイッチ、多国籍料理を食べたり、寄付により
出品された格安の陶器セットなどを買い求めていました。
                                                                 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
子供たちが作ったポスター 会場のクララ館は大盛況 多国籍料理も・・・ 外で行われた魚つり

このページの先頭へ      
   2010.10.22(金) 聖堂内の「死者の祭壇」に仮安置されていた「(バテレン)司祭像」が、きれいに
修復され、この日、白御影石の台座の上に正式に設置されました。
  この司祭像は、40年以上も前に邑楽町の通称「バテレン塚」から出土し、大日如来の姿をしていますが、
16~17世紀に来日した宣教師を象徴した像と我々は考えています。しかし、厳しい禁教時代での証でもある
ため、公式的にはその存在や価値も認められず、邑楽町の線路際墓地で長年風雨にさらされ、崩壊が危惧
されていましたが、関係者の努力により、2010.4.27 太田教会に移設し、死者の祭壇に仮安置していました。
  神様のお恵みにより、司祭像が太田教会に安置できたことを感謝します!
        
                                       司祭像を太田教会へ移設した様子を見る
                                                          
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
線路際にあった司祭像 サベリオ会が慎重に洗浄 死者の祭壇に安置 修復された司祭像

このページの先頭へ      
   2010.10.17(日) 今日の年間第29主日のミサは、金神父様がヨーロッパ巡礼のため、
太田教会第4代主任司祭のダナン・マーリー神父様が司式をされました。
   ダナン神父様は1969~1978年の9年間、太田教会におられましたが、現在は東京六本木の
フランシスカン・チャペルセンターに所属して、マリッジ・エンカウンターの活動を世界的にされています。
  記録がないので、はっきり分かりませんが、神父さまにとって、実に32年ぶりの太田教会でのミサ司式
ではないかと思われます。
  太田教会には、F.I.R.E.Sの中のエンカウンターやサデーなどの体験によって受洗した信者さんも多く、
ミサ後、昔話をしたり、記念写真を撮ったりして、懐かしく感動的な再会になりました。神に感謝!
                                                F.I.R.E.Sのホームページへ
        
  (写真をクリックすると大きな画像が出ます。下の写真の他にも合計10枚の写真があります)
   また、神父様のお説教は音声で聞けます。(一部編集してありますので、ご了承ください)
                                                          
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真と音声が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
40年前の洗礼式 説教(音声が出ます) パンの聖変化 感激の再会

このページの先頭へ      
   2010.8.29(日) 今日から子供たちが最前列でミサにあずかる。
   9月4日(土)より、土曜学校の二学期が始まりますが、今日・年間第22主日のミサから、
子供たちが聖堂の最前列でミサにあずかることになりました。ちょっと騒ぐ小さな子もいましたが、
殆んどの子供は静かに、そして真剣に、ミサをあずかっていました。
  この子供たちが神様に守られて、豊かに成長しますように・・・
                                                          
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
   2010.7.25(日) 「外国人のための医療相談会」が太田市公民館 東別館で開かれました。
   1997年に始まったこの医療相談会も今回で13回目。多くの医療関係者や各教会の皆様のご奉仕により、
この医療相談会は続けられています。神に感謝!
                                                          
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
太田教会近くの公民館で いろいろな相談を・・・ 医師による相談と診察 各教会の婦人たち

このページの先頭へ      
   2010.7.25(日) 太田教会の広報誌「Agnus(アニュス)」の創刊号が発刊されました。   
  前の広報誌「春夏秋冬」が休刊してから実に10年。太田教会待望の広報誌です。今回は金神父様が
編集長を務められ、6人の女性が中心となって、取材・編集などが行われました。16ページの中綴じ冊子
オールカラー・オフセット印刷の本格的な広報誌です。アニュスはラテン語で “羊”を意味します。
  金神父様がミサの中で、この広報誌発刊の目的を説明されました。私たち共同体のため、教会に
来られない兄弟姉妹のため、他の教会に太田教会を知ってもらうため、そして福音宣教のために、
アニュスは創刊されました。今後、年4回発刊の予定です。
   神さまの豊かなお恵みがこの広報誌に注がれますように・・・       「Agnus(アニュス)」のページへ 
                                                        
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
教会玄関口で配布 金神父さまもニコニコ顔 ミサの中で紹介 Agnusの表紙

このページの先頭へ      
   2010.7.24(土) 桐生 聖クララ会修道院の草取り奉仕作業が教会の有志の方々で行われました。
   2006年に始まったこの奉仕も今回で10回目。連日、記録的猛暑が続く中での作業だったので、
ちょっと心配でしたが、この修道院は木々に囲まれた高所にあり、吹く風もさわやかで、参加した約20名
の人たちは、いつものように楽しく作業することができました。
  美味しい昼食を作ってくださったシスター方に感謝!
       
              1回目の作業を見る(2006年4月)  桐生 聖クララ会修道院のホームページ
                                               
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
草刈機を使って・・・ フィリピンの方々も参加 バラ園の作業 美味しい昼食

このページの先頭へ      
  2010.7.14(水) 10時30分からの週日のミサ後、金 大烈・ザベリオ神父様 叙階記念日のパーティが
クララ館で行われました。
  女性有志の方々による手作りのご馳走によるパーティーの準備は、秘密裡?に行われ、神父様もまったく
ご存知でなかったようです。
                                               
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2010.6.20(日) ミサ後、教会の中庭でフェスタ・ジュニーナ(ブラジルの6月祭)が行われました。
  多国籍教会である太田教会6月の恒例行事になっていますが、今年も会場には多くのテントが張られ、
美味しい数々のブラジル料理を食べ、ダンスを見ながらの国際交流の場になりました。
                                               
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
金神父様のお祈り フェスタ・ジュニーナの会場 シュラスコ(焼き肉) 八木節も飛び入り参加

このページの先頭へ      
  2010.5.19(水) 5月度の金神父様による「神学教室」が11時15分より聖堂で行われました。
  今日のテーマは「創世記説話と形成の過程」。表題は難しいテーマですが、カトリック信者にとって
基本的なことである旧約、新約聖書の根本的な成り立ちを金神父様が分かりやすく説明されました。
  詳細な内容は、夜の部が終わってから、このホームページに掲載しますのでお楽しみに・・・。 
                                               神学教室資料を見る
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2010.4.28(水) 月一回の聖体顕示と「くすしきバラの聖母」家庭巡回式が始まっていますが、
  二回目の式典が午後6時半から行われ、マリア様は次の巡回地である東部地区に手渡されました。
      
                                 最初の「聖体顕示と聖母 家庭巡回式」を見る。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2010.3.24(水) 週日のミサ後、11時30分から金神父様による「神学教室」が始まりました。
  1回目の昼の部は、聖堂に多くの信者が集まり、神父様のお話を熱心に聞き入っていました。
  今日のテーマは 「主の祈りに関する理解」でしたが、今後私たちがカトリック信者として身に付けなければ
ならない基本的なことを中心に、金神父様が話されます。夜の部は、3月31日(水)19時30分からです。
  教理的な難しいお話ではないので、多くの方が参加されるとよいと思います。
                                                神学教室資料を見る
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2010.3.21(日) 四旬節第5主日のミサは、金神父様とホセ神父様の共同司式ミサが行われました。
  ホセ・ゴンザレス神父様はグアダルペ宣教会に所属し、神学生時代の2年間、太田教会に派遣され、
  2006年9月にメキシコで行われた司祭叙階式にも太田教会から多くの信者が参加し、当教会にとっては
おなじみの神父様です。
  2010年度の人事異動で、仙台教区・中央地区担当司祭(元寺小路教会・カテドラル)に着任され、
しばらく振りに太田教会に来られました。ミサ後、クララ館で茶菓パーティーがあり、ホセ神父様と喜びの
再会交流が行われました。
        
   ホセ司祭叙階式・メキシコ巡礼を見る。  ホセ神父 初ミサを見る。  
       
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
ホセ神父様のお説教 金神父様との共同司式 子供たちの祝福 クララ館でのパーティー

このページの先頭へ      
  2010.3.14(日) 四旬節第4主日のミサは、渋川教会の韓長愚(HAN Jang Woo)神父様の司式で行われ
ました。
  ミサ後、行われた四旬節の黙想会は、韓神父様が「信仰と成長について」をテーマにお話をされました。
  韓神父様は3年前に来日されたそうですが、日本語が非常にご堪能で、ユーモアを交えながらも、厳しく
私たちの信仰について話された内容は、参加した多くの信者に深い感銘を与えました。  
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
韓神父様のお説教 感謝の典礼 ミサ後の黙想会 信仰と成長について

このページの先頭へ      
  2010.2.21(日) ミサの中で、17日の灰の水曜日のミサに参加できなかった方のために、神父様が額に
灰の塗布をしてくださいました。
  ミサ後、2010年 太田教会総会が聖堂で開かれました。金 大烈神父様から2010年の司牧方針の説明が
あり、その後、決算報告・各部会の活動実績の報告などが行われました。    (2010年 司牧方針を見る)
  総会終了後、信者館前に軽食が用意され、またブラジルの方々がハイチ災害援助のバーベキュー販売を
行いました。  
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
灰の塗布 教会総会 信者館前での軽食 ハイチ災害救援

このページの先頭へ      
  2010.2.14(日) ミサ後、30代~40代の人々の集まりが聖堂でありました。
  太田教会も高齢化が進み、現在教会を支えているのは、60代以上の人々が中心になっているのが実情です。
  今日は金神父様が、30代~40代の人々に対し、現状の説明と今後の考え方について話をされました。
  聖堂には40名以上の人々が集まりましたが、多国籍の方々の参加が多かったのが印象的でした。
   その後、この集まりは「サベリオ会(自称若手信徒の会)」と命名され、活動を開始しています。   
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  韓国から金 大烈神父様のお兄様 トマス・アクィナス(Thomas Aquinas)神父さまが一週間の予定で来日され
お二人の司式で週日のミサが行われています。
  トマス・アクィナス神父様の韓国語の説教を金 大烈神父様が日本語で通訳され、ご兄弟の気持ちがピッタリと
ひとつになったユーモアと感動にあふれたお説教に、多くの信者さんが感銘を受けました。
  この写真は、2010年1月27日(水)の夕ミサの様子です。  
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2010.1.6の産経新聞・社会面に、昨年12月30日に帰天されたペトロ白柳誠一枢機卿の記事が掲載されました。
カトリックに関係のない一般紙が白柳枢機卿の死を「『怖れずに歩み』人生を疾走した」ととらえています。       

このページの先頭へ      
  新しい年を迎えた今日、2010年1月1日に、太田教会では「神の母聖マリア」の祭日を祝いました。
  カトリックさいたま教区・谷 大二司教の「2010年新年の司教メッセージ」が読まれ、
7人(大人5人、子供2人)の方が洗礼を受けました。ミサ後、信者館前で受洗者を祝う小パーティーが開かれました。
  太田教会にとって素晴らしい新年を迎えることができました。    司教メッセージ(PDF PDF文書)を見る
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  12月6日(日) ミサ後、待降節黙想会が行われました。テーマは「豊かな交わりのある共同体を目指すために」
 約60人の参加者が12グループに別れ、四つのサブテーマごとに分かち合いを行い、各グループの分かち合いの
結果をまとめ、発表を行いました。  「分かち合い結果」のまとめ(典礼部会提供)(PDF PDF文書)をご覧ください。
 最後に金神父様が総括をされ、豊かな共同体づくりに必要な心構えについて話されました。
 ○サブテーマ
   1.生活の中の祈り、2.ミサを大切にする共同体、3.宣教できる共同体、4.多国籍教会を目指す共同体  
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2009.11.29(日)から待降節が始まりました。クリスマスイブまでの約4週間です。太田教会も聖堂の祭壇前に
4本の色の違ったロウソクが置かれ、一週間に1本ずつ(第1主日~第4主日)、各ロウソクに火が灯ります。
 「待降節の起源と4本のロウソクの色の意味」については、このページをご覧ください(金神父様 作成)
  そして、「聖母の園」とクララ館(旧愛児園)には、イルミネーション(LEDライト)が灯りました。 
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
 2009.11.15(日) ミサの中で、七五三の子どもの祝福があり、6名の子ども達が金神父様から祝福と受け、
プレゼントをいただきました。 
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
 2009.10.18(日)の主日の説教で、金神父様が一つの実験の話をされました。
 二つのビンに同量のご飯を入れ、それぞれに「馬鹿」、「有難う」のラベルを貼ります。「有難う」のビンには、
「ありがとう、素晴らしい」などのほめ言葉をかけ、「馬鹿」のビンには、「汚い、ばか」という汚い言葉ばかりを
神父様が1ヶ月間かけるのです。
 11月1日(日)のミサの説教の中で、実際に神父様がそのビンを信者さんに見せ、2週間後の結果を報告
されました。下の写真で分かるように、「有難う」のビンには白く醗酵したようなカビが出ていますが、きれい
な状態です。一方、「馬鹿」のビンは黒いカビが発生し、しかも悪臭があるのです。神父様は「馬鹿」のビンに
汚い言葉をかけるのが堪えられなくなって、この実験はもうやめるとおっしゃっていました。
 この実験についてはご存知の方もおられるかも知れませんが、多くの信者さんが現物を見て衝撃を受けて
いました。皆様はどのように感じられたでしょうか?  10月18日(日)の説教を見る(PDFファイル) 
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
写真をクリックすると大きな画像が出ます

このページの先頭へ      
 2009.9.22~23日 さいたま教区主催の「養成講座」が鹿沼市・ウェルサンピア栃木で開催されました。
 テーマは「さまざまな理由で教会に来れない信徒と交わる共同体づくり」。教区より体験発表の依頼があり、
レジオ・マリエ会員3人(山田せい子さん、大谷隆子さん、鈴木幸子さん)が参加し、「訪問司牧」について
体験発表を行いました。 詳細は、さいたま教区HPをご覧ください。 

このページの先頭へ      
 2009.9.20(日) ミサの中で、敬老の祝福があり、70歳+60歳以上の方々を対象に、金神父様から祝福と
プレゼントがありました。プレゼントはフェイスタオルでした。 
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
  2009.9.7(月) 朝7時のNHK総合テレビ・ニュース「おはよう日本」で、「在日外国人社会が受けている
経済危機の影響と課題」について、在日ブラジル人を支援している太田教会の様子が約6分間放映されました。
  その後、大きな反響があり、多数の方々からご援助をいただきました。本当にありがとうございました。  
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
朝7時のNHKニュース 支援している太田教会 ポルトガル語のミサ Sr.毛利のインタビュー

このページの先頭へ      
 2009年8月30日(日) 高崎教会で、「一粒の麦」の感謝のミサが行われました。
  そのミサの中で、太田教会出身のグエン・ゴク・トアンさんとグエン・ゴン・ホワァンさんが司祭助祭候補者・祭壇
奉仕者候補者として認定・選任されました。
   当日のミサの様子(さいたま教区HP)  お二人が太田教会で紹介された様子(5月30日・国際ミサ) 
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
 2009年7月26日(日) ミサ後、旧愛児園ホールで失業者支援のためのコーヒーショップがありました。
 アイスコーヒー、とろとろ杏仁豆腐のセットで300円。多くの信者さんが賞味していました。
クリックすると大きな写真が出ます

このページの先頭へ      
 2009年5月16日(土) 土曜学校が開校しました。その中で、最初の子供ミサがありました。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
金神父様司式の子供ミサ 多くの子供たちが参加

このページの先頭へ      
 2009年5月17日(日) 先週・5月10日(日)は母の日でしたが、伊勢崎教会で「東ブロック司教訪問ミサ」が行わ
れたため、太田教会では一週間遅れで母の日の祝福がありました。
 多くのお母様方が金神父様から祝福を受け、ミサ後にホール下でヨセフ会の「母の日・焼きそばパーティー」が
開かれ、多くの信者さんが参加しました。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
お母様方が祝福を受ける ヨセフ会の焼きそば ホール下でのお祝い 記念撮影

このページの先頭へ      
 2008.9.14(日) ミサの中で敬老のお祝いがあり、70歳以上の方々を対象に、金神父様から祝福とプレゼントが
ありました。プレゼントは森英恵(HANAE MORI)ハンカチとみ言葉カードでした。 
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
金神父様の祝福 プレゼント

このページの先頭へ      
 2008.7.13(日) ミサ後、聖堂で「シスター・吉田を囲む会」が行われました。シスターは御聖体の宣教クララ
修道会から海外(ナイジェリア、スペイン、インドネシア、インド)へ派遣され、今度インドから大泉修道院へ帰って
来たところです。(シスターは太田教会出身です)
 シスター吉田は、19年の海外宣教の中で、「どこの国の人でも神様が御自分にかたどって人を創造されたの
だから、すべて同じだと感じた」と話されました。 
クリックすると大きな写真が出ます
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
聖堂で行われた「シスター吉田を囲む会」 ホールでの食事会

このページの先頭へ      
 2008年6月26日の産経新聞・社会面に、今年の2月に帰天されたニコラス根本昭雄神父様の記事が掲載されました。
神父様は南アフリカでエイズ患者の世話を献身的にされており、太田教会にも黙想会などで度々来られ、
アフリカの現状を話されました。神父様の殉教者としての死は私たちに多くのメッセージを残しました。
                                        (ニコラス根本昭雄神父帰天の記事 フランシスコ会HP
          

このページの先頭へ      
 2008年6月26日(木) ベダ・フィッツパトリック神父様(太田教会第7代主任司祭)がアメリカへ帰国されるので、そのお別れミサが桐生・聖フランシスコ修道院でありました。 
 太田教会からも金神父様をはじめ、多くの信者さんがミサに参加し、ベダ神父様にお別れをしました。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
多くの信者がミサに参加 ベダ神父様のお説教 ベダ神父様司式のミサ 食堂で行われたお別れ会

このページの先頭へ      
 2008年6月22日(日)は太田教会と関わりの深い「御聖体の宣教クララ修道会」の創立日です。
 今日は金神父様のお説教の代わりに同修道会の創立者であるマリア・イネスの紹介が
シスター・テオフィラ萩原により行われました。
  シスターはプロジェクターを使用して、創立者の生涯を列聖調査の一環として分かりやすく紹介し、
多くの信者に感銘を与えました。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
紹介するシスター萩原 1904年メキシコで生まれる 神からの呼びかけ 1951.6.22修道会創立
      

このページの先頭へ      
 2008年6月15日(日)は父の日です。多くのお父様が金神父様とルイ神父様から祝福とマリア会からの
プレゼントをいただきました。
 ミサ後、フェスタ・ジュニーナ(ブラジルの6月祭)が開催されました。太田教会が会場になるのは4年ぶりで、
中庭の会場には、沢山のテントが張られ、ブラジル料理を求めて長い行列ができるなど大盛況でした。神に感謝! 
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
多くのお父様が父の日の祝福とプレゼントをいただく フェスタ・ジュニーナ開催 ブラジル料理が大人気


このページの先頭へ      
 2008年5月、金神父様のお母様とその3人のお友達が韓国から来日されましたが、
5月18日(日)のミサの中でお母様がご挨拶され、金神父様が太田教会で働いているのを見て、
神様のご計画を強く感じたと話されました。
 ミサ後、ホールで歓迎パーティーがあり、多くの信者さんと交流を深めました。
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
お母様がご挨拶 お母様と3人のお友達 多くの信者が参加した歓迎パーティー
   

このページの先頭へ      
  2008年4月29日(祝)は、故カンピオン・ラリー神父様と故根本昭雄神父様の追悼ミサが桐生・
聖フランシスコ修道院であり、多くの信者さんが両神父にお別れをしました。 
 ミサ後、桐生教会墓地で納骨式がありました。
  ・カンピオン・ラリー神父 2007年11月11日 アメリカで帰天 享年81    カンピオン神父様の金祝ミサ
  ・ニコラス根本昭雄神父 2008年 2月 1日 帰天 享年76          フランシスコ会日本管区のHPへ
      
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
桐生・聖フランシスコ修道院での追悼ミサ 桐生教会墓地での納骨式
        

このページの先頭へ      
  2008年4月12日(日)は、金神父様が韓国巡礼旅行のため、みことばの祭儀(集会祭儀)でした。
  福音朗読の後、金神父様からの手紙が読まれました。
  クリックすると大きな写真が出ます
金神父様からのメッセージ
 おはようございます。皆様、お元気ですか。皆様の神父、金 サベリオです。
 韓国の旅に立つ前の晩である今、皆様に手紙を書きます。
おそらく、この手紙がどなたかによって読まれる時、私も皆様のことが気になっていることでしょう。
  皆様との縁が出来てから一年に経ちましたね。時間ってこんなに速いものでしょうかね。皆様も同じ感じでしょうか。
  振り返ってみますと、いつもイエス様が見守ってくださった時間だと思います。祈る共同体、分かち合う共同体、
み言葉を述べ伝える共同体。この三つが一年前に表わした自分の望みでした。そして、毎日の祈りとミサの内に
この意向に対してイエス様に願って来ました。少なくとも自分がこの共同体を去るまでには信者の皆様の胸に
刻ませていただきたい希望でした。しかし考えた以上に希望的な皆様の姿を見て、力を頂いたことが
何回もございました。これからも頑張って頂きたいのです。私たちの内にキリストがおられ、
そのみ旨を従おうとする心があれば本当に素晴らしい家族になれると思います。
 皆様がご存知のように、私たちの教会はたくさんの国籍の兄弟柿妹たちが集まって同じ信仰を告白しています。
もしかしたらこの世の中で唯一無二の多国籍の共同体かも知れません。ある意味でカトリック的な理想、即ち福音的な
価値を果たせる可能性を誰よりも、どこよりも持っている共同体であることを意味するのではないかと思います。
 勿論、いろいろ難しさがあります。しかし、難しさとして思わず、イエス様からの呼びかけに応じやすい恵みだらけの
条件が備えられたと思いながら動こうとすれば、予想もつかない素晴らしい結果が待っていると思います。
 この手紙が読まれる前に聞いた福音には 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、私を信じなさい。
私の父の家には、住むところがたくさんある」 というイエス様のみ言葉があったでしょう。
 そうです。イエス様が約束されたことをすべて信じながら、美しい共同体を造ることが出来ると思います。
私たちが一つになって祈りあい、分かち合うことが出来れば真の喜びが何のものか、分かることになると確信します。

               元気で帰ってきます。お祈りの内に。             2008年4月8日の夜 金神父より
       

このページの先頭へ
  2008年4月6日のカトリック新聞 「声」欄に、太田教会の柿田恵子さんの投稿記事が掲載されました。
  柿田さん、ありがとうございました。
       

このページの先頭へ
  2008年3月30日(日)のミサの中で、岡村さんと6人の幼児の洗礼式がありました。おめでとうございます。
  クリックすると大きな写真が出ます
       

このページの先頭へ
   太田カトリック愛児園は、2008年3月15日(土)の卒園式を以って、3月31日に閉園致します。
   最後の卒園式は涙と感動の内に行われ、8名の園児が卒園しました。
   愛児園は1967年に開園以来、1,365名の子ども達が卒園して行きました。
   これまでの皆様方のご厚情とお祈りに深く感謝します。
                                                                                                                    愛児園の歴史を見る
      
最後の卒園式の様子
クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます クリックすると大きな写真が出ます
最後の卒園生 聖書朗読 園長先生のお話 卒園証書・記念品の授与